AEDの使い方how to use

AEDとは…

AEDって何か知っていますか?

AEDとは、Automated External Defibrillator(自動体外式除細動器)の略で、電源を入れると音声で操作が指示され、救助者がそれに従って 除細動 (心臓に電気ショックを与えること)を行う装置です。AEDは自動的に心電図を診断し、電気ショックを与える必要があるかどうか判断しますので、誰でも音声ガイダンスに沿った操作で救命処置ができます。

AEDの使い方

@声かけ→誰か呼ぶ→救急車とAED手配

倒れている方の肩をたたきながら声をかけます。反応がなければ周りの人に助けを求め救急車を呼んでもらう&AEDを持ってきてもらいます。救命は一分一秒が生死の分かれ道です、迅速に行動しましょう!
  

A呼吸の確認

胸と腹部の動きを見て”いつもどおり”の呼吸をしているか10秒以内で確認します。呼吸をしているとわずかでも胸やお腹が上下します。

B胸骨圧迫と人工呼吸を繰り返す

呼吸がなければすぐに胸骨圧迫を開始!胸骨圧迫は胸の真ん中を5センチ以上の深さで1分間に100回以上の速さで絶え間なく行い、圧迫30回人工呼吸2回の組み合わせをAED到着まで続けます。

※100回/分はノリのいい『もしもしカメよ〜カメさんよ〜』って感覚です。この辺りは講習会できっちり教えますので実際に聞きに来てくださいね!人工呼吸は無理と思ったらしなくても大丈夫です、それよりも絶え間なく圧迫を続けるほうが大切です。
  

CAEDの電源を入れる

AEDが到着しました。まずは電源を入れます。
電源はカバーを開くと自動で入るタイプか、わかりやすい電源ボタンがついていますのでそれをオン!

Dパッドを貼る

パッドを取りだし胸に貼ります。この時胸が水に濡れていないか(軽くふいて下さい)、近くに金属のネックレスがないか(外すか取れなければ顔の方へ上げてしまう)、ペースメーカーがないか(ペースメーカーをさけて貼る)を確認します。
 

Eパッドの位置は…

心臓をはさむように胸の上部と脇腹へ貼ります。小児用のパッドはおおよそ6歳くらいまで(わからなければ大人用で大丈夫です)。赤ちゃんなら胸の表と背中で心臓を挟むように貼ります。
 これも一度やっておくといざという時あわてずにできますので、イベント等でAEDをさわる機会があれば実際にさわっておいて下さい。

F電気ショックが必要です

電気ショックが必要かどうかはAEDが心電図を取ってちゃんと判断してくれます。もしショックが必要と判断された場合AEDがアナウンスしますので、ボタンを押す前に傷病者にふれている人がいないかよく確認した上で電気ショックを行ってください。

※必要ない人に電気が流れたり、心肺停止状態で電気ショックをしたことによって病状が悪化することはありませんので安心して使って下さいね。

AEDはどこにあるのか…

その時AEDがあるかないかでは、救命にとても重大な影響を与えます。皆さんも普段からAEDのある場所を覚えておいてくださいね。AEDのある場所にはこんなステッカーが貼ってあります。種類はこれだけではありません。駅や病院にはもちろん、学校、幼稚園、市の関連施設、老人ホームなどに置いてあります。あなたが、あなたの大切な家族がよく行く場所で探す習慣をつけておいて下さい。手順は一度でもいいのでやってみてください。芦屋市消防団では救命講習を随時行っております。お時間があればお気軽に講習会にご参加ください。皆様に救命講習でお会いできます日を楽しみにしています。



BIRDIES

消防団所在地

芦屋市消防団

〒659-0064
芦屋市精道町8番26号
TEL.0797-32-2345
FAX.0797-32-0119